わたしたちの活動
  • 公益財団法人 神戸YWCA
    〒651-0093
    神戸市中央区二宮町1-12-10
    tel. 078-231-6201
    fax. 078-231-6692
    office@kobe.ywca.or.jp

    神戸YWCA 分室
    〒651-0062
    神戸市中央区坂口通5-2-16
    tel. & fax. 078-221-5111
    bunshitsu@kobe.ywca.or.jp

    カフェもぐもぐ

    5月26(土)「認知症サポーター養成講座」を開講します



    ほっとしてつながる!
    若年性認知症の人と仲間たちのカフェ、オープン!

    「カフェもぐもぐ」は、若年性認知症当事者の「仕事をして社会につながりたい」「悩みを共有できる人たちに出会い、集う場がほしい」という声からスタートしました。
    当事者の思いを大切にしながら、本人や家族、仲間たちがほっとしてつながる場をみんなでつくっていきたいと願っています。
    地域に開かれたコミュニティカフェをオープンすることをめざして、今は、毎回いろいろなレシピでカレーを作り、昼食に試食しています。
    今後は、手づくりの作品にも挑戦していきたいと考えています。
    個別相談があれば、専門職に繋ぐこともできます。
    若年性認知症についての勉強会や啓発活動もしていきます。

    日時:毎月第1土曜日、10:00〜15:00
    場所:神戸YWCA分室
    参加費:700円(昼食代含む)
    お申し込み・お問い合わせ:神戸YWCA(担当・塩見)
    *参加ご希望の方は、事前に電話でご予約ください。


    認知症を理解し、認知症の人をサポートするために

    認知症サポーター養成講座

    誰もが「もの忘れ」をします。自分や家族の「もの忘れ」は認知症だろうか、と不安になる方もあるでしょう。
    認知症は誰もがなる可能性のある病気です。しかし、認知症になっても『何もできなくなる』『何も分からなくなる』わけではありません。
    特に初期の認知症の人は、理解ある少しのサポートがあれば今までと変わらない生活を継続することが
    できます。

    2005年より「認知症を知り地域をつくる10ヵ年」の全国キャンペーン「認知症サポーターキャラバン」が
    はじまりました。
    認知症サポーター養成講座では、キャラバン・メイトが講師を務め、講座を修了された方には、認知症
    サポーターの印、オレンジリングが配布されます。
    あなたも認知症サポーターとなり、自分の家族や地域の方、友人、知人が安心して暮らせる応援者の
    一人となりませんか。

    日時:2018年5月26日(土) 10:30〜12:00
    会場:神戸YWCA会館5階チャペル
    講師:沖本雅子さん(キャラバン・メイト)
    参加費:無料
    定員:20人(定員になりしだい締め切ります)
    申込方法:電話またはメールでお申し込みください(担当・塩見)

    チラシ・申込書をダウンロード



    YWCA(ワイ・ダブリュー・シー・エー/Young Women's Christian Association)は、キリスト教を基盤に、世界中の女性が言語や文化の壁を越えて力を合わせ、女性の社会参画を進め、人権や健康や環境が守られる平和な世界を実現する国際NGOです。
    1855年英国で始まり、今では日本を含む125あまりの国と地域で、約2,500万人の女性たちが活動しています。