わたしたちの活動
  • 公益財団法人 神戸YWCA
    〒651-0093
    神戸市中央区二宮町1-12-10
    tel. 078-231-6201
    fax. 078-231-6692
    office@kobe.ywca.or.jp

    神戸YWCA 分室
    〒651-0062
    神戸市中央区坂口通5-2-16
    tel. & fax. 078-221-5111
    bunshitsu@kobe.ywca.or.jp

    河東けい ひとり語り「母—多喜二の母—」

     
    昭和8年(1933年)、言語・思想の弾圧の嵐がプロレタリア
    文学運動に向けられた。作家小林多喜二は、その犠牲となった。
    “ほれっ!多喜二!もう一度立って見せねか!”と息子に
    頬すり寄せて叫んだ母、セキ。明治の初め東北に生まれ、
    13歳にして嫁ぎ、夫に先立たれながらも5人の子どもを育て、
    多喜二を心から信じて温かく見守りつづけた母、小林セキの
    生涯を描いた三浦綾子の代表作「母」を、河東けいが渾身の
    語りで舞台に描き出します。

    河東けいさんの青春時代は戦時下だった。
    「自由なんてなかった時代。信じていたものがすべて敗戦で
    ひっくり返った。繰り返してはいけないという思いが、私の演劇
    活動や「母」の舞台の根底にある」と語る。

    今の時代だからこそ多くの人に観、聴いてもらいたい。
     
     
    日時:2019年4月13日(土)15:00〜16:30(開場14:30)
    会場:神戸YWCA会館5階チャペル
    定員:60人
    チケット:前売2,000円(当日2,500円)
         障がい者・高校生以下1,000円
    主催:神戸芝居カーニバル実行委員会
    共催:神戸YWCA平和活動部
    チケット予約・お問い合わせ:
    090-1914-4907(神戸芝居カーニバル実行委員会)
    078-231-6201(神戸YWCA)
     
    【河東けいプロフィール】
    1952年より大阪において演劇活動に入り、関西芸術座の
    創立メンバーとして現在に至る。舞台、テレビ、ラジオ、映画、
    朗読など多方面で活躍。特にギブソン作「奇跡の人」では、
    教師アニー・サリバンを演じて600回以上の上演。
    演出家としても、サルトル、ふじたあさや、山崎正和など
    国内外の戯曲に取り組む。1993年、ひとり芝居「母」を初演。
    韓国、中国をはじめ各地の公演で高い評価を受け、自身
    ライフワークとする。1958年、大阪日日新聞新劇女優演技賞を
    はじめ数々の賞を受賞される。1993年、一人芝居「母」で
    大阪府民劇場奨励賞。2003年、大阪市文化功労賞(市民表彰)。
    2004年、神戸市文化活動功労賞。2008年、文化庁芸術テレビ
    部門大賞受賞作品・ヒューマンドキュメンタリー「いのちの記憶
    小林多喜二・29年の人生」(北海道放送制作)の中心として、
    多喜二の母を演じる。2013年、大阪新劇フェスティバル
    40周年記念特別功労賞。2015年、神戸アートアワーズ大賞受賞。

    原作:三浦綾子 脚本・演出:ふじたあさや


     

     
    チラシをダウンロード


    YWCA(ワイ・ダブリュー・シー・エー/Young Women's Christian Association)は、キリスト教を基盤に、世界中の女性が言語や文化の壁を越えて力を合わせ、女性の社会参画を進め、人権や健康や環境が守られる平和な世界を実現する国際NGOです。
    1855年英国で始まり、今では日本を含む125あまりの国と地域で、約2,500万人の女性たちが活動しています。