わたしたちの活動
  • 公益財団法人 神戸YWCA
    〒651-0093
    神戸市中央区二宮町1-12-10
    tel. 078-231-6201
    fax. 078-231-6692
    office@kobe.ywca.or.jp

    神戸YWCA 分室
    〒651-0062
    神戸市中央区坂口通5-2-16
    tel. & fax. 078-221-5111
    bunshitsu@kobe.ywca.or.jp

    未来をえらぶ

    私たちが主権者です。棄権しないで、投票に行きましょう!

    参議院選挙が近づいてまいりました。
    今回の選挙は、今まで以上に大切な選挙です。
    原子力発電を続けるのか? TPPに参加するのか? そして、平和憲法を捨てて「戦争する国」にするのか? 
    私たちの暮らしに関わる重要なことが、選挙結果で大きく変わることになります。

    18年前に、神戸YWCAは阪神・淡路大震災で被災しました。地震はとても大変でしたが、たくさんの方々に支えられて何とか乗り切ることができました。
    ところが、一昨年の東日本大震災は、自然災害だけではありませんでした。原発事故という悲惨な人災が加わったのです。未だなお、福島第一発電所の事故は収束せず、多くの方々が困難な生活を強いられています。

    私たち神戸YWCAは、被災者の方々、特に子どもたちに寄り添う活動を続けてまいりました。これからも継続していきます。

    しかし、福島についてのマスコミの報道は、とても減ってきています。株価が上ったとか、円安だとか、経済の話ばかりです。「生命(いのち)」より「お金」の方が大事なのでしょうか? 原発再稼動の動きも強くなってきて、さらに原発を海外に輸出しようとさえしています。

    「アベノミクス」やTPPを通して、富める者はますます富み、貧しい者はさらに貧しくなるのではないか、と危惧します。私たちは弱い者、小さな存在を大切にしてくれる政治を、心から望みます。

    「平和憲法をまもる」ことは、YWCAがとても大切にしてきたことです。私たちは生命を生み出し育む女性として、何よりも「平和」であることを望みます。「武力では平和は築けない」のです。
    日本国民は、15年戦争の反省から「戦争放棄」したのではなかったのですか? 再び、武器を持って戦争に参加するのですか?

    人それぞれに考えに違いはあると思います。けれども何も知ろうとせず、何となく流されることは良くないと思います。
    自民党憲法改正草案を読まれたことはありますか? TPPについてご存じですか? 福島を訪れたり、被災された方の話に耳を傾けたりしたことはありますか?

    私たちはどんな未来を選択しようとしているのでしょうか? 

    私たち一人ひとりが主権者なのです。知り、考えて、投票に行きましょう!

    2013年7月

    神戸YWCA 平和活動部

    私たちの平和憲法をまもろう



    YWCA(ワイ・ダブリュー・シー・エー/Young Women's Christian Association)は、キリスト教を基盤に、世界中の女性が言語や文化の壁を越えて力を合わせ、女性の社会参画を進め、人権や健康や環境が守られる平和な世界を実現する国際NGOです。
    1855年英国で始まり、今では日本を含む125あまりの国と地域で、約2,500万人の女性たちが活動しています。